ウッドデッキの設置後は業者に草取りや伐採を依頼

庭の手入れが面倒な場合は雑草対策を実施しましょう 庭の手入れが面倒な場合は雑草対策を実施しましょう

庭を有効活用したいならウッドデッキにしよう

笑顔の男性

草取りや伐採を行なった後にウッドデッキを設置しておくと、作業後に雑草が発生する可能性を低くすることが可能です。ウッドデッキの設置方法や種類にはいろいろなパターンがあるので、まずは設置方法や種類を調べてみましょう

庭がアウトドアを楽しめるリビングに変身

雑草が生えていた場所にウッドデッキを設置する際は、さまざまな施工を組み合わせて住宅の快適性をアップさせましょう。可動式のテントを設置しておけば日差しの量を調節することができ、ウッドデッキの劣化も防ぐことができます。またウッドデッキは雨水を含んだり日光で乾燥したりすることで、木材が傷んでしまうことが多いです。テラスを組み合わせれば日差しや雨などの影響からウッドデッキを守りつつ、快適なくつろぎスペースを確保することが可能です。

近所の視線が気になる人は植木を活用しよう

ウッドデッキを設置した後はプライバシーをしっかり守るためにも、庭に木を植えて周囲の視界を遮りましょう。

植木を植えたら、目隠し効果と快適な木陰ができますよ(40代/植木屋さん)

ウッドデッキを設置した際に植木を植えておくと、周囲の視線を防ぎながら住宅に降り注ぐ日光の量を減らすことができます。ヒメシャラのような落葉樹を植えておけば、秋には自宅で美しい紅葉を見ることが可能です。ハナミズキや桜などの木は春に美しい花を咲かせてくれる落葉樹であり、最近ではいろいろな住宅に植えられています。木を植える作業だけでなく剪定や抜根などの作業も取り扱っているので、植木の依頼などを考えている方は一度ご相談ください。

作業員男性

庭木の手入れを業者に任せていれば、庭の外観を維持するために剪定や草取り作業を実施する必要はありません。広い庭を有効活用したいと考えている方はウッドデッキを設置し、家族にとって最適なくつろぎ空間を作りましょう。

TOPボタン